効果的なポスティングを!厳選6サイト

TOP > ポスティングについて > ポスティングの広告は定番の方法です

ポスティングの広告は定番の方法です

ポスティングは広告を目的に、ビラやチラシを個宅の郵便受けへ直接入れていく方法ですが、以前から行われている広告方法です。
利用する業種は、飲食店、通信販売、不用品回収、不動産会社、美容室などがあります。
もちろんコストがかかりますので、費用対効果を考えて行われるべきです。
このようにたくさんの業種で採用されている広告の方法ですので、ポスティング業者の比較が紹介されています。
まず、どこの業者に頼むべきなのか選ばなければいけませんので、そのための比較サイトがあります。
その比較サイトに個人情報と配布したい広告の内容を入力しますと一括見積を行ってくれます。
それを参考に業者を選んでいき、発注をします。
広告をしなれていない方は、おすすめの比較サイトになっているようで、利用する人は多いです。


別の比較としては、新聞の折り込み広告とポスティングの効果を紹介しているサイトもあります。
お互いのメリットとデメリットも含めて比較されています。
ポスティングのメリットは、一人暮らしの家、家族、事務所などをターゲットに出来る点です。
コスト面では、配布したエリアによって差が出るので、無駄な配布エリアがでないため、狙ったエリアに絞ることができます。
加えて、比較的にどんな種類のものでも配布が可能なので、配布物の制約が少なくなります。
ポストを開けて手に取った時点で広告の効果があったと言えますので、結果がでやすくなります。
新聞の折り込みのメリットは、新聞をとっている人です。
新聞をとっている人は高年齢層が多いですので、そのような広告を出したい人には合います。
コスト面では、新聞の折り込みの方がポスティングより比較的に安くなります。
新聞の配達はエリアで分けられていますので、複数のチラシを一気に挟み込むので安くなります。
折り込む曜日も決める事が出来ますので、狙いたい曜日を設定する事が出来ます。


ポスティングには必ずチラシを用意しますが、印刷する業者を選ばなければなりません。
チラシを印刷する業者もたくさんありますので、印刷料金の比較が紹介されています。
チラシは内容のデザインもしなければなりませんので、そこは注意です。
最近では、印刷とポスティングをセットで請け負ってくれる会社もあります。
そのようなサービスも多くなっているようなので、安心もできます。
比較的にコストも安く設定もされているようです。
インターネットの発達で配布するエリアは、地図で指定する事ができますので、インターネットだからと言って食い違いも起こりにくいです。
依頼もネット上なので、行く手間もかかりませんし、依頼もスピーディーです。
忙しい方や、広告時期が迫っている方などに、おすすめのサービスです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP